• 本

北陸の海辺自転車紀行 北前船の記憶を求めて

出版社名 あっぷる出版社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-87177-336-2
4-87177-336-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 139P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

かつて大陸への玄関口でもあった北陸の国々。人と人をつないできた海の轍を辿る旅。能登、加賀、越中、越前、若狭―。一本気な海の男とおばちゃんたち。豊かな海の幸と山の恵み。どこか懐かしい景色。

目次

第1部 能登半島から富山へ(能登から始まる海辺の旅
朝市へ「マリン」と駆ける
「千体地蔵」に会いたい
「せっぷん」手さぐり三八歩
満腹、海女のでまかせ定食 ほか)
第2部 能登半島から若狭へ(「口直し」まっすぐな鮮度
「アラカタ」失われた伝説
「風の都」を守る団結力
断崖にもあたたかみ
問屋ひしめく風待ちの港 ほか)

著者紹介

藤井 満 (フジイ ミツル)  
東京都葛飾区生まれ。大学時代に京都のアウトドアサークル「ボヘミアン」に所属して旅にはまり、主に中央アメリカ諸国を旅した。1990年朝日新聞に入社。静岡・愛媛・京都・大阪・島根・石川・和歌山に勤務した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)