• 本

方丈記と住まいの文学

放送大学叢書 033

出版社名 左右社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-86528-145-3
4-86528-145-2
税込価格 1,944円
頁数・縦 249P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

理想の生き方の原点がここにある!鴨長明、兼好から一葉、鴎外、漱石、森茉莉、吉田健一まで、住まいの描写からみる文学の多様性。

目次

草庵・閑居・廃園の文学誌
『方丈記』―草庵記の誕生
『徒然草』―住まいを論評する
風雅な庭園―中世文人の造園趣味
近世前期の住居記―木下長嘯子から芭蕉まで
閑居記のユーモア―横井也有と大田南畝
廃屋と陋巷―樋口一葉と泉鏡花
市隠への憧憬―夏目漱石と森鴎外
近代の散策記―佐藤春夫から野田宇太郎まで
草庵記の継承―森茉莉の世界
住まいと文学のゆくえ―吉田健一の世界

著者紹介

島内 裕子 (シマウチ ユウコ)  
国文学者。専門は、『徒然草』を中心とする批評文学。古典と近代、文学と絵画、文学と音楽、日本と西洋などを響映させる手法で、新たな研究を展開している。放送大学教授。1953年東京に生まれる。1979年東京大学文学部国文学科卒業。1987年東京大学大学院博士課程単位取得退学。1991年放送大学助教授。2009年博士(文学)(東京大学)。同年放送大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)