• 本

夜廻り猫 今宵もどこかで涙の匂い 1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-04-734178-4
4-04-734178-9
税込価格 1,080円
頁数・縦 213P 21cm

おすすめコメント

「泣く子はいねが〜〜」。涙の匂いのするところに現れる夜廻り猫の遠藤平蔵。老若男女、犬猫問わず、涙する人とともに呑み、笑い、ときに励まし、ときに見守り、いつも彼だけはそっと寄り添う。「む。涙の匂い」。今夜の夜廻り猫はあなたの元を訪れるかもしれない。Twitterで連載の話題作がついに書籍化! #今日の夜廻り猫 で検索!

出版社・メーカーコメント

ひとり泣くものによりそう夜廻り猫の遠藤平蔵。 「泣く子はいねが〜〜」。涙の匂いのするところに現れる夜廻り猫の遠藤平蔵。 老若男女、犬猫問わず、涙する人とともに呑み、笑い、ときに励まし、ときに見守り、いつも彼だけはそっと寄り添う。 「む。涙の匂い」。今夜の夜廻り猫はあなたの元を訪れるかもしれない。    Twitterで連載中の話題作がついに書籍化! #今日の夜廻り猫 で検索!     ------- 深谷かほる 2015年10月よりTwitter上で『夜廻り猫』を掲載開始。当初、毎夜1話ずつ更新された『夜廻り猫』は瞬く間に多くの共感を得る。代表作に『エデンの東北』、『ハガネの女』、『カンナさーん!』などがある。