• 本

蒼い炎 2

飛翔編

出版社名 扶桑社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-594-07513-2
4-594-07513-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 282P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 五輪金メダリストまでの栄光の道のりと、苦難を糧に飛躍するひとりの青年の姿…。
    史上最高得点を何度も更新、困難を乗り越え、フィギュアスケートの新たな楽しさを感じるようになった羽生結弦待望の自叙伝・第2章です。

    (2016年7月3日)

商品内容

要旨

2012‐2016。仙台からトロントへ―五輪金メダリストまでの栄光の道のりと、苦難を糧に飛躍する一人の青年の姿。待望の自叙伝・第二章。

目次

気づきの時―2012年世界選手権
新天地カナダへ―2012年のオフシーズン
見えてきた課題―2012年全日本選手権初優勝
苦しい戦い―12‐13シーズン後半
五輪シーズンを前に―2013年夏
五輪の戦略、ライバルとの戦い―13‐14シーズン前半
銀盤の王者へ―2014年ソチ五輪
成長の実感―2014年世界選手権
被災地で見つけたもの―2014年のオフシーズン
予期せぬ痛みとの闘い―14‐15シーズン前半
苦難を乗り越えて―14‐15シーズン後半
さらなる高みを求めて―2015年オフシーズンの試み
史上初の300点越え―2015年GPシリーズ
最高得点のその先へ―2016年世界選手権

おすすめコメント

15万部のベストセラー『蒼い炎』から4年、待望の自叙伝続編! 前著刊行から4年。仙台からトロントへ練習拠点を移した羽生結弦。ソチ五輪金メダリストとなり、世界最高得点を更新し続ける“王者”の姿と、その裏で怪我や病気と闘い、苦難を糧に飛躍する“一人の青年”の姿。2012年から2016年までの激動の4年間を、インタビューと豊富な写真で描く自叙伝・第二章。2004年から現在までのカラー写真110点を掲載! 著者プロフィール 羽生結弦(はにゅう・ゆづる) 1994年12月7日、仙台市生まれ。ANA所属。4歳からスケートを始め、2008年全日本ジュニア選手権で優勝。09−10シーズンのジュニアGPファイナル、全日本ジュニア選手権、世界ジュニア選手権すべてで優勝を果たす。2010年にシニアデビューし、2012年世界選手権において 日本男子史上最年少で銅メダルを獲得。12−13シーズンからカナダに練習拠点を移し、ブライアン・オーサーに師事。2014年ソチオリンピック男子シングル金メダリストとなる。2014年世界選手権で初優勝、GPファイナル3連覇(13 〜15年)、全日本選手権4連覇(12 〜15年)。2016年現在、世界歴代最高得点を保持する (SP 110.95点、FS 219.48点、総合330.43点)。

著者紹介

羽生 結弦 (ハニュウ ユズル)  
1994年12月7日、仙台市生まれ。ANA所属。4歳からスケートを始め、2008年全日本ジュニア選手権で優勝。09‐10シーズンのジュニアGPファイナル、全日本ジュニア選手権、世界ジュニア選手権すべてで優勝を果たす。2010年にシニアデビューし、2012年世界選手権において日本男子史上最年少で銅メダルを獲得。12‐13シーズンからカナダに練習拠点を移し、ブライアン・オーサーに師事。2014年ソチオリンピック男子シングル金メダリストとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)