• 本

ジュニア空想科学読本 8

角川つばさ文庫 Dや2−8

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-04-631652-3
4-04-631652-7
税込価格 713円
頁数・縦 205P 18cm
シリーズ名 ジュニア空想科学読本

商品内容

要旨

『ジュニア空想科学読本』に寄せられる質問には、一瞬「そんなシーンあったっけ?」と思うようなものがある。だが、小さな気づきが、驚きの結論を導くことは多い。小さな疑問が大きな感動を呼ぶ、大人気シリーズ第8弾!小学上級から。

目次

とっても気になる特撮の疑問―空を飛んできたウルトラマンがどーんと着地して、街に被害は出ませんか?
とっても気になる昔話の疑問―白雪姫が、毒リンゴを食べても生き返ったのはなぜですか?
とっても気になるアニメの疑問―ばいきんまんの基地が映るとき、いつも天気が悪いのはなぜでしょう?
とっても気になるキャラの疑問―ガリガリ君の口は大きすぎませんか?
とっても気になるアニメの疑問―『魔法つかいプリキュア!』は、変身するときに髪の毛が長くなるけど、どういうこと?
とっても気になる昔話の疑問―ヤマタノオロチには、頭が8つあったそうです。便利なのでしょうか?
とっても気になるアニメの疑問―『おそ松さん』のような六つ子は、本当に生まれることがありますか?
とっても気になる昔話の疑問―『一寸法師』の打ち出の小槌は、どんな仕組みで人を大きくするのでしょう?
とっても気になるアニメの疑問―『ハウルの動く城』の大きな城は、薪を食べて動いていますが、それで動けるもの?
とっても気になる伝説の疑問―ろくろ首や百目など、妖怪は本当に存在するのでしょうか?〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

全国の学校で大ブーム! マンガやアニメなどのできごとを科学的に検証する爆笑シリーズ第8弾。『おそ松さん』から『ガリガリ君』「ヤマタノオロチ」や妖怪まで、古今東西の人気作品を徹底研究!

著者紹介

柳田 理科雄 (ヤナギタ リカオ)  
1961年鹿児島県種子島生まれ。東京大学中退。学習塾の講師を経て、96年『空想科学読本』を上梓。99年、空想科学研究所を設立し、マンガやアニメや特撮などの世界を科学的に研究する試みを続けている。明治大学理工学部非常勤講師も務める
藤嶋 マル (フジシマ マル)  
1983年秋田県生まれ。イラストレーター、マンガ家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)