• 本

アンマーとぼくら

出版社名 講談社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-06-220154-4
4-06-220154-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 301P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • アンマーとぼくら

    作者の有川浩氏自らが"これは、現時点での最高傑作です"と言い切ったこの物語。沖縄を舞台に、家族愛にあふれあふれた作品となっている。有村作品独特のファンタジックさを漂わせながら、沖縄を十分に堪能もさせてくれる。「自衛隊三部作」や「図書館戦争シリーズ」「県庁おもてなし課」など、じつにさまざまな引き出しをもつ作家に、目が離せません。

    (2016年9月12日)

出版社・メーカーコメント

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。