• 本

スペース金融道

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-309-02493-6
4-309-02493-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 289P 19cm

商品内容

要旨

人類が最初に移住に成功した太陽系外の星―通称、二番街。ぼくは新生金融の二番街支社に所属する債権回収担当者で、大手があまり相手にしないアンドロイドが主なお客だ。直属の上司はユーセフ。この男、普段はいい加減で最悪なのに、たまに大得点をあげて挽回する。貧乏クジを引かされるのは、いつだってぼくだ。「だめです!そんなことをしたら惑星そのものが破綻します!」「それがどうした?おれたちの仕事は取り立てだ。それ以外のことなどどうでもいい」取り立て屋コンビが駆ける!新本格SFコメディ誕生。

出版社・メーカーコメント

「宇宙だろうと深海だろうと、核融合炉内だろうと零下190度の惑星だろうと取り立てる。それがうちのモットーだ」新星金融の取り立て屋コンビがゆく。新本格SFコメディ誕生。

著者紹介

宮内 悠介 (ミヤウチ ユウスケ)  
1979年、東京都生まれ。92年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。2010年、「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞しデビュー。第一作品集『盤上の夜』で第147回直木賞候補、第33回日本SF大賞受賞。第二作品集『ヨハネスブルグの天使たち』で第149回直木賞候補、第34回日本SF大賞特別賞受賞。2013年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)