• 本

広告をナメたらアカンよ。 そこにはいつも「ホント」があらわれる。

出版社名 宣伝会議
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-88335-353-8
4-88335-353-2
税込価格 1,836円
頁数・縦 397P 19cm

商品内容

目次

はじめに対談「しりあがりさん、どう思います?」
もともとは、「広告を『読む』。」という連載でした。(「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」万博少年の70年代。
「美しい50歳がふえると、日本は変わると思う。」闘う女たちの物語。
「男は黙ってサッポロビール」昔々、男という者がおりまして。
「おじいちゃんにも、セックスを。」下ネタじゃないですよ。
「こんにちは土曜日くん。」土曜日の幸福について。 ほか)

著者紹介

山本 高史 (ヤマモト タカシ)  
株式会社コトバクリエーティブディレクター/コピーライター/関西大学社会学部教授。1961年京都府生まれ。1985年大阪大学文学部卒。同年、電通に入社。数多くのキャンペーン広告を手がける。2006年12月電通を退社。コトバ設立。主な受賞歴:TCC最高賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー特別賞、TCC賞、ADC賞、ACC賞、日経広告賞、新聞広告賞、消費者のためになった広告コンクールなど多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)