• 本

フィジカルエリートが実践する仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術

出版社名 講談社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-06-220258-9
4-06-220258-1
税込価格 1,080円
頁数・縦 189P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

フィジカルエリートが実践する、仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術。オリンピック選手、駅伝選手のフィジカル&メンタルを変えたトップトレーナーが教えるテクニック。

目次

1 疲労解消の鍵を握るセルフモニタリング
2 その日の疲れから回復する眠りの技術
3 「守り」×「攻め」のリカバリー法
4 疲労に打ち勝つ食事
5 ストレスコーピングでメンタルを強化する
特別付録・1 疲れをリリースするストレッチポーズ集
特別付録・2 疲労回復度アップセルフモニタリングシート

おすすめコメント

青学駅伝チームの箱根駅伝2連覇も支えた フィジカル&メンタルのリカバリーメソッド 「あ〜、疲れた」「忙しいからストレスが溜まって」が口グセの人は多いことでしょう。ただ、忙しい人ほどその対策は、後回しになっているのではないでしょうか。トップアスリートほど、運動技術の向上と同じくらいに、「疲労を溜めないこと」を大切にします。福原愛選手が五輪2大会連続でメダルを取れたのも、青学駅伝チームが箱根駅伝で優勝できたのも、何より「疲労を抜く」ことができていたからこそ。どんなにトレーニングしても疲労が溜まっていては、本来のパフォーマンスは発揮できないからです。フィジカル&メンタルの両面から、その指導を行っていたのが著者です。「パフォーマンス(仕事力)=体力−疲労」。この公式が成り立つのは、アスリートだけでなくビジネスパーソンも同じです。週末に寝だめしても、マッサージに行っても、なかなか疲れが抜けない……。これでは効率や集中力が下がって、本来の仕事力は発揮できず、より疲れが溜まるばかりか健康に問題が起こる、という悪循環に。パフォーマンスを上げるためにまずフィジカル&メンタルの疲労回復を優先させるトップアスリートの技術を学びます。

著者紹介

中野 ジェームズ修一 (ナカノ ジェームズシュウイチ)  
1971年生まれ。フィジカルトレーナー/フィットネスモチベーター。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。日本健康心理学会認定健康心理士。アディダス契約アドバイザリー。日本では数少ないフィジカルとメンタルの両面を指導できるスポーツトレーナー。各種トップアスリートのパーソナルトレーナーを務め、卓球の福原愛選手の五輪2大会連続メデル獲得にも貢献。また、青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)のトレーナーとして、体幹・フィジカルの強化指導を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)