• 本

なぜ、無実の医師が逮捕されたのか 医療事故裁判の歴史を変えた大野病院裁判

出版社名 方丈社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-908925-01-6
4-908925-01-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 317P 19cm

商品内容

要旨

裁判の支援に立ち上がった多くの医師の胸には、過酷な医療現場を支える使命と誇りがあった。彼が裁かれるなら、医療は崩壊する!無罪を勝ち取った産婦人科医の感動のドキュメント!

目次

1 逮捕(平成18年(2006年)2月20日
2月20日、午後 事件報道にミスという字が踊る
2月20日夜 医師を支えるには? ほか)
2 裁判(証拠開示 平成18年(2006)4、5月 ブツヨミ
加藤医師と弁護団会議 病理鑑定医が、とんでもなく、おかしい
中山医師と会見 ほか)
3 大野病院裁判の意味(大野病院事件とは何であったのか
医療事故調査委員会の実相
東京女子医大では医師自らが調査 ほか)
鼎談 10年を経て、大野病院裁判を振り返る―中山雅弘(病理医)×加藤克彦(産婦人科医)×安福謙二(弁護士)

著者紹介

安福 謙二 (ヤスフク ケンジ)  
昭和22年(1947年)生まれ、名古屋市出身。昭和47年(72年)東京大学経済学部卒業。昭和50年(75年)司法試験に合格。昭和53年(78年)弁護士登録。昭和59年(84年)安福法律会計事務所開設、平成4年(92年)南青山に事務所移転。一般民事・刑事事件のほか、医療問題に関するNPO活動に参加、医療事故に関する裁判(民事、刑事)、県立大野病院事件の弁護人を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)