• 本

流鶯 文庫書下ろし/長編時代小説 吉原裏同心 25

光文社文庫 さ18−62 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-334-77360-1
4-334-77360-5
税込価格 648円
頁数・縦 322P 16cm

商品内容

要旨

吉原会所に突然、「裏同心」を希望する女性が現れた。十八歳と若い「女裏同心」に戸惑う吉原裏同心の神守幹次郎と会所の面々。一方、札差の伊勢亀半右衛門が重篤な病に罹り、幹次郎は遺言を託される。遺言には、薄墨太夫にかかわる衝撃の内容が書かれていた―。薄墨太夫、幹次郎、汀女にとって大きな転機となる内容とは何か。シリーズ最大の山場が待つ第二十五弾!

おすすめコメント

薄墨太夫に衝撃の危機。伊勢亀半右衛門の命も風前の灯に。号泣必至のシリーズ第25弾

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年北九州市生まれ。大学卒業後、闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)