• 本

太らない間食 最新の栄養学がすすめる「3食+おやつ」習慣

出版社名 文響社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-905073-57-4
4-905073-57-X
税込価格 1,382円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

手軽なのに、おいしくて、楽しい!「おにぎり約1個分」の間食で、「食べたい」「やせたい」「集中力を高めたい」「血糖値を上げたくない」「健康に長生きしたい」を実現するコツ!「間食」や「おやつ」を、「罪悪感」「不健康」「肥満」とセットで考えていませんか?実は、栄養学的に見れば、現代人にとって「おやつ」は、心を満たし、健康的にやせるための、とても合理的な手段です。本書で紹介する「間食のルール」は、たとえば…「ビスケットをたくさん食べたいけど、その一部をチョコレートにする」「思い切って鮭のおにぎりを食べてしまう」「スナック菓子だけにするのではなく、ゆで卵を加える」「どら焼きはやめて、シュークリームにする」…意外かもしれませんが、実はこれだけで、間食が「より体にいいもの」に変えられます。テレビで人気の栄養士が贈る、「プロフェッショナルの間食の技術」をすべて公開!もう、「小腹が空いた」をガマンする必要はありません!!

著者紹介

足立香代子 (アダチ カヨコ)  
一般社団法人臨床栄養実践協会理事長。せんぽ東京高輪病院名誉栄養管理室長。中京短期大学家政科食物栄養専攻卒業後、医療法人病院を経てせんぽ東京高輪病院(現・東京高輪病院)に勤務。2014年、一般社団法人臨床栄養実践協会を発足。長年の臨床経験を活かし、年間100回を超える講演会を通して管理栄養士の育成にも力を注ぐ。メディアへの出演も多数。主な受賞に、日本栄養改善学会賞(1994年、2001年)、厚生労働大臣賞(2003年)、日本栄養士会功労賞(2008年)、日本臨床栄養学会教育賞(2008年)ほか。主な著書に、『油はすごい。』(毎日新聞出版)、『足立香代子の実践栄養管理パーフェクトマスター』(学研めでぃかる秀潤社)、『日本一おいしい病院ごはんを目指す!せんぽ東京高輪病院500kcal台のけんこう定食』(ワニブックス)、『決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典』(西東社)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)