• 本

仙台真田氏物語 幸村の遺志を守った娘、阿梅

出版社名 くもん出版
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-7743-2524-8
4-7743-2524-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 220P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「その後」の真田の歴史物語・宮城県編

    個人的な話で恐縮ですが。少し前、宮城県白石市のあるお寺を尋ねました。某大河ドラマに思いを馳せつつ、物思いに耽りました。真田阿梅、大八が眠る場所にて…。
    そもそも何故、真田信繁(幸村)の娘と息子のお墓が宮城の地にあるのか。宮城県民(←今、レビュー書いてるワタシもですけど)でも知らない人の方が多いのではないでしょうか。大坂の陣以降、現代に続く真田の歴史物語。真田信繁(幸村)の娘、阿梅がそんな波乱万丈物語の主役。某大河ドラマのファンであった皆様にもお薦めの一冊。本書を読んで、しみじみ余韻に浸りませんか。ドラマや映画を観て楽しめる、本を読んで楽しめる、そして現地に行って楽しめる。是、歴史の愉しみの三段活用也。

    (2016年12月19日)

商品内容

要旨

阿梅よ、そなたに、弟妹たちの命をたくすのだ。そして、わが家系をふたたび世に出すことをたくすのだ。ちかってくれ。かならずや、みなで生きのびると!―大坂城落城が迫るなか、真田幸村が娘の阿梅に伝えたのは、子どもたちを敵の武将のもとにのがすという秘策だった。そのときから、阿梅の戦いが始まった。

著者紹介

堀米 薫 (ホリゴメ カオル)  
福島県生まれ。岩手大学大学院修了。『チョコレートと青い空』(そうえん社)で日本児童文芸家協会新人賞受賞。宮城県角田市で、専業農家のかたわら創作を続けている。日本児童文芸家協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」、「青おに童話の会」同人
大矢 正和 (オオヤ マサカズ)  
東京都生まれ。日本大学理工学部建築学科卒業。卒業後フリーランスのイラストレーターとして活動。教科書や教材のイラストを数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)