• 本

自分で考えよう 世界を知るための哲学入門

出版社名 晶文社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-7949-6936-1
4-7949-6936-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 119P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

夜空に星が輝いてるのはなぜ?どんなときでも、うそはついちゃいけないの?幸せってなに?古代の哲学者たちは、なにを、どんなふうに考えてきたのだろう?最新の科学でわかってきた脳のしくみは、考えることにどんなふうに影響している?哲学の知恵とノウハウを教える最良のレッスン。

目次

1 いつだって、あらたにもう1つ問いを立てていい(哲学の世界のヒーローたち
知りたがりの哲学者 ほか)
2 頭のなかのトラに、しま模様はなん本入っているだろう?(目の前にないものを思いうかべる
みんな夢? ほか)
3 地球はタルトみたいな形をしているの?(信じることと、そうであるということ
五感と記憶 ほか)
4 泥棒するのは、ときにはゆるされる?(道徳的判断をするための理性
優しいうそ ほか)
5 空想のオレンジじゃ、できないことって?(牛は哲学者になれるの?
人間に限界はない ほか)

著者紹介

エクベリ,ペーテル (エクベリ,ペーテル)   Ekberg,Peter
1972年、スウェーデン生まれ。大学院博士課程で哲学、天文学、物理学、神経科学、思想史を学ぶ。2009年、『自分で考えよう―世界を知るための哲学入門』で作家デビューし、スウェーデン作家協会のスラングベッラン新人賞にノミネートされる。著書にロボットや人工知能、宇宙についての子ども向けのノンフィクションやSFなどがある。2016年、続編『T¨ank Stort!』が子ども向けの優れたノンフィクション作品に与えられるカール・フォン・リンネ賞にノミネート
ノードクヴィスト,スヴェン (ノードクヴィスト,スヴェン)   Nordqvist,Sven
1946年生まれ。スウェーデンを代表する画家、絵本作家。2003年、アストリッド・リンドグレーン賞を受賞。2007年、『おねえちゃんは、どこ?』(岩波書店)でアウグスト賞受賞
枇谷 玲子 (ヒダニ レイコ)  
1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学。2005年、大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。在学中の2005年に翻訳家デビュー。北欧の児童書やミステリなどの紹介に注力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)