• 本

「留守番めし」の作りおき

出版社名 文化学園文化出版局
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-579-21277-4
4-579-21277-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 83P 20×21cm

商品内容

要旨

定番は主菜1+副菜1+ご飯。温かい白いご飯が基本、一品は温かい料理を、夏場は保存容器に入れて冷蔵庫へ、ドレッシングは別の器に用意、冷たい料理は器に盛りつけて冷蔵庫へ、緑の野菜はゆでてストック、豆類はゆでて冷凍保存。「留守番めし」のお約束。

目次

温め直すだけでおいしいおかず(煮込みハンバーグ+シーザーサラダ+ご飯
レーズンたっぷりドライカレー+ご飯+にんじんとオレンジのサラダ ほか)
仕上げだけセルフのあつあつおかず(鶏手羽先とあさり、新じゃがの中華風鍋+ご飯
豚バラ肉と白菜のしょうが風味鍋+ご飯 ほか)
冷めてもおいしいおかず(ハイナンチキンライス+青梗菜とわかめのスープ
豚肉のケチャップマリネ+コーンスープ+ご飯 ほか)
弁当仕立てのおかず(鶏のから揚げ+かぼちゃの煮物+白菜のごま塩あえ+菜飯+油揚げと三つ葉のみそ汁
さわらの西京焼き+小松菜のからしあえ+きのこのしぐれ煮+ゆかりご飯 ほか)
みそ玉(とろろ昆布+万能ねぎ
油揚げ+三つ葉 ほか)

おすすめコメント

子どもや夫だけで夕食を食べてもらう日は「留守番めし」の出番。温め直すだけでおいしいおかず、仕上げだけセルフのあつあつおかず、冷めてもおいしいおかず、弁当仕立てのおかずなどの多彩なメニューから、みそ玉までを満載。

著者紹介

牧野 直子 (マキノ ナオコ)  
女子栄養大学卒業。スタジオ食(くう)代表。管理栄養士。ダイエットコーディネーター。料理研究家。高校生の一人息子を持つ母。テレビ、ラジオ、講演会、雑誌、書籍など幅広いジャンルで活躍。また、保健センターや小児科での栄養相談も10年以上継続している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)