• 本

数学ガールの秘密ノート やさしい統計

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-7973-8712-4
4-7973-8712-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 299P 19cm

商品内容

要旨

「偏差値って、こういう意味だったの?」「僕」と三人の少女が統計の謎と魅力に迫る絶妙の数学トーク。

目次

第1章 グラフのトリック(よく見かけるグラフ
表を作る ほか)
第2章 平らに均す平均(テストの結果
代表値 ほか)
第3章 偏差値の驚き(高校の図書室にて
平均と分散 ほか)
第4章 コインを10回投げたとき(村木先生の“カード”
“表が出る回数”の平均 ほか)
第5章 投げたコインの正体は(和の期待値は、期待値の和
期待値の線型性 ほか)

おすすめコメント

 現代を生きるすべての人にとって必須の教養と言うべき「統計」をテーマに、「僕」と三人の数学ガール(ミルカさん、テトラちゃん、ユーリ)が楽しい数学トークを繰り広げる、最高の統計入門書。▼本書の構成 あなたへ プロローグ 第1章 グラフのトリック 第2章 平らに均す平均 第3章 偏差値の驚き 第4章 コインを10回投げたとき 第5章 投げたコインの正体は エピローグ 解答 もっと考えたいあなたのために −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●登場人物紹介 「僕」 高校二年生、語り手。数学、特に数式が好き。ユーリ 中学二年生、「僕」の従妹。栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。テトラちゃん 高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。ショートカットで、大きな目がチャームポイント。ミルカさん 高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。母 「僕」の母親。瑞谷女史 「僕」の高校に勤務する司書の先生。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−