• 本

崖っぷちの自画像 死はほんとうに厄介だ

出版社名 左右社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-86528-159-0
4-86528-159-2
税込価格 1,944円
頁数・縦 195P 19cm

商品内容

要旨

危機にあえぐ看取り、医療、教育。老い深まり、あの小劇場主の胸に去来するものは―若き日、すべてが体当たりだった。世情騒然の六〇年代から滅びに向かう今日、そしてこれから。えぐり出すように語る著者生涯の遺言状。

目次

看取りへの道
断崖の自画像 死のイメージトレーニング
白衣の白暗淵
哲理の死角 踊る教材

著者紹介

高嶋 進 (タカシマ ススム)  
1932年、新潟県生まれ。青山学院大学文学部卒業。69年渋谷ジァンジァン、77年名古屋ジァンジァン、80年沖縄ジァンジァン、83年座間味ジァンジァンを開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)