• 本

上手な脳の使いかた

岩波ジュニア新書 844

出版社名 岩波書店
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-00-500844-5
4-00-500844-5
税込価格 886円
頁数・縦 186P 18cm

商品内容

要旨

勉強ができても、仕事もできるとは限らない。自分で考える力が身につく、本当の「学び」とは何か?脳の基本的な構造や記憶のしくみ、経験を積むことや体で覚えることの重要性、上手な休み方などを通して、脳の研究の歴史をひもときながら、記憶障害や失語症の治療に長年携わってきた著者が、わかりやすく解説します。

目次

第1章 学びにかかわる脳(大脳皮質は分業体制
記憶にかかわる領域)
第2章 脳は育つ(記憶をつくっていく
思考とワーキングメモリー
言語を獲得する)
第3章 脳は可塑的である(失語症から回復する
神経回路と可塑性
可塑性と学習との関係)
第4章 脳を育てる学び方(現場で学ぶ
表現活動をして、記憶を整理する
グループを学ぶ
脳を休める)

おすすめコメント

脳のはたらきを知れば、使い方も見えてくる! 記憶障害や失語症の権威が、わかりやすく解説します。

著者紹介

岩田 誠 (イワタ マコト)  
1942年生まれ。東京女子医科大学神経内科主任教授、同大学医学部長を経て同大学名誉教授。メディカルクリニック柿の木坂院長。専門は神経内科学、神経心理学。米国神経学会外国人フェロー。仏国立医学アカデミー外国人連絡会員。『見る脳・描く脳』(東京大学出版会)で、毎日出版文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)