• 本

パブロフの犬 実験でたどる心理学の歴史

創元ビジュアル科学シリーズ 1

出版社名 創元社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-422-11627-3
4-422-11627-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 176P 21cm

商品内容

要旨

楽しい実験、コワい実験。科学としての心理学の発展に貢献した重要な50の実験を取り上げ、人間心理探究の歴史に迫る。心はどこまでわかったのか?

目次

第1章 はじまり 1848年〜1919年
第2章 行動主義の挑戦 1920年〜1940年
第3章 変化する焦点 1941年〜1961年
第4章 精神、頭脳、そして周囲の人々 1962年〜1970年
第5章 認知革命 1971年〜1980年
第6章 意識の中へ 1981年〜

おすすめコメント

人間は自分自身や他者の心の動きと行動を理解したいと願ってきた。古代ギリシア時代のプラトンやアリストテレスなど自然哲学者に始まる心理への探求は、19世紀に世界初の“心理学者”の登場で劇的に進化を遂げた。理論よりも立証可能な実験結果を重視する「実験心理学」という新たな分野が切り拓かれたのである。パブロフやピアジェ、ミルグラムなどが取り組んだ50の実験でたどる心理学の歴史。

著者紹介

ハート=デイヴィス,アダム (ハートデイヴィス,アダム)   Hart‐Davis,Adam
1943年生まれ。オックスフォード大学で修士号、ヨーク大学で博士号を取得。専攻は化学。科学書の編集やプロデューサーとしてテレビ番組制作に携わった後、著述家、写真家、歴史家、テレビ番組の司会者として活躍
山崎 正浩 (ヤマザキ マサヒロ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)