• 本

ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生 ピーターラビットの絵本の風景

出版社名 西村書店東京出版編集部
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-89013-754-1
4-89013-754-8
税込価格 2,700円
頁数・縦 323P 20cm

商品内容

要旨

ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポター。ポターのおはなしに動物とともに登場する植物たちは、生き生きととてもリアルに描かれています。ポターは執筆活動のかたわら、庭づくりにいそしみ、みずから畑で花々や野菜を育てました。挿絵に描かれた植物や庭の風景は、実際に彼女の身近にあったものなのです。本書では、まず第1部でポターの人生をたどりながら、そこに園芸がいかに大きくかかわっていたのかを紹介。第2部では、ポターが実際にどんな庭づくりをしていたのかを、四季をとおして美しい写真や愛らしい挿絵とともに眺めます。第3部では、現在訪れることのできる、ロンドンや湖水地方のポターゆかりの各地をご案内します。作品のほか本人の手紙や日記などを手がかりに、マルタ・マクドウェルが現役の園芸家ならではの視点で、ポターの作品のなかにひそむ楽しい発見を伝えてくれます。

目次

第1部 園芸家としての人生(発芽期
分枝期
開花期
定着期
成熟期
結実期)
第2部 ビアトリクスの庭の一年(冬


秋)
第3部 ビアトリクスの庭を訪ねて
付録

著者紹介

マクドウェル,マルタ (マクドウェル,マルタ)   McDowell,Marta
米ニュージャージー州在住の造園家、文筆家。ビアトリクス・ポター協会会員。園芸にまつわる文筆活動、講義などをおこなうほか、ニューヨーク植物園で景観史(landscape history)や園芸学を教える。近年は、特に「ペンと園芸ごて」(作家とその庭のかかわり)に関心を寄せ、これをテーマにした著書を出版している。ビアトリクス・ポターとその庭を取りあげた『ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生―ピーターラビットの絵本の風景』は、2014年に園芸作家協会賞(The Award of Garden Writers Association)の金賞を受賞している
宮木 陽子 (ミヤギ ヨウコ)  
お茶の水女子大学大学院英文科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)