• 本

文明の海洋史観

中公文庫 か58−2

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-12-206321-1
4-12-206321-3
税込価格 994円
頁数・縦 356P 16cm

商品内容

要旨

近代はアジアの海から誕生した―。戦後、誰も疑うことのなかった陸地史観による通説に真っ向から挑み、その壮大な歴史観は「太平洋文明の時代」に日本が進むべき道をも提示する。第8回読売論壇賞受賞作。

目次

序 新しい歴史像を求めて
起之章 「鎖国」と近代世界システム
承之章 歴史観について
転之章 文明の海洋史観
結之章 二十一世紀日本の国土構想―西太平洋の「豊饒の半月弧」に浮かぶ“庭園の島(Garden Islands)”
跋 新しい生き方を求めて

おすすめコメント

近代はアジアの海から誕生した――。戦後の通説に挑戦、「太平洋の時代」に日本が進むべき道をも提示する。第8回読売論壇賞受賞作。

著者紹介

川勝 平太 (カワカツ ヘイタ)  
昭和23(1948)年、京都生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程修了。昭和60(1985)年、オックスフォード大学から博士号取得。早稲田大学政治経済学部教授、国際日本文化研究センター教授、静岡文化芸術大学学長をへて、平成21(2009)年より静岡県知事。平成8年『富国有徳論』でアジア太平洋賞(特別賞)、平成10年『文明の海洋史観』で読売論壇賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)