• 本

おんな城主直虎 1

出版社名 NHK出版
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-14-005682-0
4-14-005682-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 301P 19cm
シリーズ名 おんな城主直虎

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • おんな城主直虎 1

    注目の大河ドラマの完全小説版。戦国の世にあって、お家断絶の危機に直面した井伊家に、おんな城主が立ち上がった。これまでの大河本とチョット違うところは、モデルがあまり知られていない歴史上の人物だというところ。すでに知られた歴史上の人物はどこか出来上がったイメージがあるが、多くの読者にとって、今回はゼロからのスタートに近い。柴咲コウの姿を思い浮かべながら、波乱万丈の姿を活字で追っていただきたい。

    (2017年3月19日)

商品内容

要旨

戦国時代に男の名で家督を継いだ「おんな城主」がいた―その女性こそ、「井伊直虎」。幕末の大老・井伊直弼の先祖にして、徳川家康の重臣・井伊直政の養母である。時は戦国。遠江(静岡県西部)・井伊家は親族の男たちが皆死んでしまい、御家断絶の危機にあった。その井伊家を救うべく立ち上がったのは、尼になっていた当主のひとり娘・おとわ(のちの直虎)だった!―みずから運命を切り開き、戦国を生き抜いた直虎、その激動の生涯を描く。

おすすめコメント

2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」を完全小説化。戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫・おとわ(のちの直虎)。みずから運命を切り開き、戦国を生き抜いた、その激動の生涯を描く。

著者紹介

森下 佳子 (モリシタ ヨシコ)  
1971年生まれ、大阪府出身。2000年、ドラマ「平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜」で脚本家デビュー。NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で第32回向田邦子賞/第22回橋田賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)