• 本

いまさら翼といわれても

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-04-104761-3
4-04-104761-7
税込価格 1,598円
頁数・縦 353P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • いまさら翼といわれても

    待ちに待ったご存知「古典部シリーズ」の最新刊。今回は連作6篇からなる。青春小説でもあり、ミステリでもあるこのシリーズは、グレードUPして人気はさらに上を目指している。作者のレパートリーの広さには感服する。早くもさらなる最新刊への期待も高まるが、まずはこの6篇をご一読頂きたい。胸をしめつけられる思いや、時に苦しくなるなどの今までにない感動がこみ上げてくる。これは期待を上回る、さらなる高みへと読者をいざなう一冊となっている。

    (2017年3月7日)

商品内容

要旨

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘―折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)。奉太郎、える、里志、摩耶花―“古典部”4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇!

おすすめコメント

累計205万部突破の〈古典部〉シリーズ! 誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ! 神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作) 時間は進む、わかっているはずなのに。奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。

著者紹介

米澤 穂信 (ヨネザワ ホノブ)  
1978年岐阜県生まれ。2001年、第5回角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)奨励賞を『氷菓』で受賞しデビュー。11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、14年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』、15年『王とサーカス』はそれぞれ3つの年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続3冠を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)