• 本

ここまで到達した芽室町議会改革 芽室町議会改革の全貌と特色

北海道自治研ブックレット No.5

出版社名 公人の友社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-87555-689-3
4-87555-689-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 107P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

問題提起1 なぜ議会改革に取り組んだか(地方分権と議会改革
町民の厳しい声を契機に改革を進める ほか)
問題提起2 芽室町議会は何を変えたのか(議会を知ってもらうことが改革の起点
議会活性化計画と議員による取組の評価、政策サイクル ほか)
ディスカッション 議会改革はここまで到達した―芽室町議会改革の全貌と特色(総合型議会改革―芽室町議会のオリジナリティー
内部改革から自治体改革へ(各主体との関係
「政策議会」への展望))
町民からみた芽室町議会改革―議会モニター制度と議会改革

著者紹介

広瀬 重雄 (ヒロセ シゲオ)  
芽室町議会議長。北海道芽室町議会議長。1957年芽室町生まれ。北海道拓殖短期大学卒業。JA芽室青年部部長、元青年会議所理事長を歴任。1999町議会議員当選(5期連続)。2011年から議長(2期目)
西科 純 (ニシナ ジュン)  
前芽室町議会事務局長。1963年音更町生まれ。北海道大学大学院法学研究科修了。1985年芽室町入庁。企画財政課長、住民生活課長、子育て支援課長、議会事務局長、税務課長を歴任。自治体学会員(運営委員)、北海道自治体学会員(前代表運営委員)。北海道条例・議会研究会共同代表、議会事務局研究会会員
蘆田 千秋 (アシダ チアキ)  
芽室町議会改革諮問会議会長。1968年三重県伊勢市生まれ。杏林大学保健学部卒業。2004年山村留学制度で芽室町へ移住。2012年芽室町議会モニター、2013年から芽室町議会諮問委員(2期目)
神原 勝 (カンバラ マサル)  
北海道大学名誉教授。1943年北海道生まれ。中央大学法学部卒業、財団法人東京都政調査会研究員、財団法人地方自治総合研究所研究員を経て、1988年〜2005年、北海道大学大学院法学研究科教授、2005年〜2013年、北海学園大学法学部教授。専攻・自治体学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)