• 本

総理の夫

実業之日本社文庫 は4−2

出版社名 実業之日本社
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-408-55318-4
4-408-55318-2
税込価格 690円
頁数・縦 452P 16cm

商品内容

要旨

20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ…。凛子の理想は実現するのか?感動の政界エンタメ!

おすすめコメント

20XX年、日本初の女性総理大臣となった相馬凛子。妻の奮闘を鳥類研究家の夫・日和の視点で綴る政界エンタメ&夫婦愛の物語。

著者紹介

原田 マハ (ハラダ マハ)  
1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、フリーのキュレーター、カルチャーライターへ転身。2005年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、作家デビュー。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)