• 本

春日大社のすべて 宮司が語る御由緒三十話

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-12-004900-2
4-12-004900-0
税込価格 1,944円
頁数・縦 202P 21cm

商品内容

要旨

古都・奈良に、1300年におよぶ歴史を刻んできた春日大社。祭事・社殿・灯篭・御神宝・神鹿や自然にいたるまで、宮司みずから筆をとり、30のテーマですべてを解説。

目次

神山 御蓋山
春日社創立
平城京の守護神
春日社創建
千二百年続く勅祭春日祭
勅祭春日祭(申祭)の儀式
若宮社
春日若宮おん祭
宮中からの旬祭、節供祭、日並御供
式年造替〔ほか〕

おすすめコメント

古都・奈良に、千二百有余年の歴史をに刻んできた春日大社。祭事・社殿・宝物など、宮司自らが筆をとって解説した、完全ガイド。

著者紹介

花山院 弘匡 (カサンノイン ヒロタダ)  
昭和37年(1962)佐賀県生まれ。60年國學院大學文学部神道学科卒業。奈良県立奈良高等学校などで地理担当の教師を経て、平成20年(2008)より春日大社宮司。現在、南都楽所会長、奈良の鹿愛護会名誉会長、奈良国立博物館評議員、全国国宝重要文化財所有者連盟理事などもつとめる。花山院家第33代当主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)