• 本

最後の晩ごはん 〔7〕

黒猫と揚げたてドーナツ

角川文庫 ふ30−7

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-04-104895-5
4-04-104895-8
税込価格 562円
頁数・縦 217P 15cm
シリーズ名 最後の晩ごはん

商品内容

要旨

兵庫県芦屋市。夜から朝まで開店の定食屋「ばんめし屋」は、元俳優の海里と店長の夏神、英国紳士(本体は眼鏡)のロイドで営業中。急に「京都に行きたい」と言い出したロイドに、夏神は3人での京都旅行の提案をする。京都では、海里の俳優時代の後輩・李英も合流。彼は社会勉強のため、便利屋でバイト中らしい。後日、海里は李英に頼まれ、事故死した青年の遺品整理を手伝うことになり…。じんわり泣けるお料理青春小説第7弾!

おすすめコメント

兵庫県芦屋市。夜から朝まで営業中の定食屋「ばんめし屋」は、元俳優の海里と店長の夏神、英国紳士(本体は眼鏡)のロイドで元気に営業中。急に「京都に行きたい」と言い出したロイドに、夏神は三人での京都旅行を提案する。京都では、海里の俳優時代の後輩・李英(りえい)も合流。彼は社会勉強のため、便利屋でバイト中らしい。後日、海里は李英に頼まれ、事故死した青年の遺品整理を手伝うことになり……。じんわり泣けるお料理青春小説第7弾! いつものレシピに加え、ロイド目線のショートストーリーも収録。お得感満載です!

著者紹介

椹野 道流 (フシノ ミチル)  
兵庫県出身。1996年「人買奇談」で講談社の第3回ホワイトハート大賞エンタテインメント小説部門の佳作を受賞しデビュー。一方で、法医学教室の監察医としての経験も生かし監察医もののミステリも発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)