本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

    本のこだわり検索


    トップ > 本・コミック > 教養 > 女性の本棚 > 女性向けエッセイ


    本

    まいにちを味わう

    吉沢久子/著
    出版社名 : あさ出版
    出版年月 : 2017年1月
    ISBNコード : 978-4-86063-952-5
    (4-86063-952-9)
    税込価格 : 1,404円
    頁数・縦 : 181P 19cm
    出荷の目安 : 通常1〜2日で出荷します
      ※新刊の場合は、発売日以降のお届けとなります。

    この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

    商品の内容

    [要旨]

    自分なりに生きて、自分なりのいい人生をつくる―。先のことは誰にもわからない。できるのは、ただ今を生きることだけ。今を一生懸命に生きて、今日という一日を充実させる。

    [目次]

    1章 自分らしく日々を過ごす(「どう生きていくのか」を考える
    「生きがい」を見つける ほか)
    2章 人生がどう変わるか、誰にも予想できない(わがままは人を遠ざける
    誇れるものは、自分の中に ほか)
    3章 不安なまま、今を楽しむ(「自分らしく生きる」原動力とは
    考え方一つで、明るくも暗くも ほか)
    4章 合う人もいれば、合わない人もいる(黙って見守ればいい
    意見が食い違ったら、自分が引く ほか)
    5章 一日一日を大切に生きる(変化を受け入れる
    追いかけても仕方ないもの ほか)

    著者紹介

    吉沢 久子 (ヨシザワ ヒサコ)  

    1918年東京都生まれ。文化学院卒業。家事評論家。エッセイスト。女性が働くことがごく珍しかった時代に15歳から仕事をはじめ、事務員、速記者、秘書などをへて、文芸評論家・古谷綱武氏と結婚。家庭生活を支える一方、生活評論家として執筆活動や講演、ラジオ、テレビなどで活躍。姑、夫と死別したのち、65歳からのひとり暮らしは30年を超えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    著者情報

    吉沢 久子

    1918年東京都生まれ。文化学院卒業。家事評論家。エッセイスト。女性が働くことがごく珍しかった時代に15歳から仕事をはじめ、事務員、速記者、秘書などをへて、文芸評論家・古谷綱武氏と結婚。家庭生活を支える一方、生活評論家として執筆活動や講演、ラジオ、テレビなどで活躍。姑、夫と死別したのち、65歳からの・・・ ・・・ ⇒もっと詳しく

    このページの上部へ