• 本

呪詛の文 文庫書下ろし/長編時代小説 御広敷用人大奥記録 11

光文社文庫 う16−24 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-334-77406-6
4-334-77406-7
税込価格 670円
頁数・縦 327P 16cm

商品内容

要旨

八代将軍吉宗の世子・長福丸が病に倒れたという知らせが入る。吉宗の命を受けて西の丸へ入った御広敷用人の水城聡四郎は、毒が盛られたことに気付く。一方、竹姫が長福丸の病平癒祈願で寺社を参詣することとなった。狙われる竹姫を聡四郎は守りきれるのか。そして、関わりの者たちを苦しめられた吉宗が、ついにとった行動とは…。大人気シリーズ、待望の第十一弾。

著者紹介

上田 秀人 (ウエダ ヒデト)  
1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業。’97年、桃園書房主催第20回小説CLUB新人賞佳作。2010年、『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で第16回中山義秀文学賞受賞。2014年版「この時代小説がすごい!」文庫書き下ろし部門作家ランキング第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)