• 本

疑問に迫る日本の歴史 原始・古代から近現代までを考えながら学ぶ

出版社名 ベレ出版
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-86064-499-4
4-86064-499-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 325P 19cm

商品内容

要旨

歴史研究の進展を踏まえて史料から歴史の真相を解き明かす!歴史研究者たちの思考を追体験する。

目次

第1部 原始・古代(縄文人の知恵
邪馬台国論争はなぜ決着しないのか ほか)
第2部 中世(鎌倉幕府の成立はいつか
武士どうしの争いでもあった承久の乱 ほか)
第3部 近世(織田信長は本当に天下統一をめざしたのか
豊臣秀吉の情報戦略 ほか)
第4部 近現代(世界史から見たペリー来航
近代国家は江戸末期に準備されていた―綿工業の視点から ほか)

おすすめコメント

史料から歴史の真相を解き明かし、その実像に迫る日本史教養書。本書では原始・古代から現代までの日本史の注目テーマを40取り上げ、史料や年表を用いて歴史の疑問を次々と解き明かしていきます。本文中で疑問を提示し、実際に史料を検討し自分で考えながら読み進められるので、まるで歴史研究の現場にいるかのようなワクワク感を味わうことができます。歴史を単なる知識ではなく、様々な史料を読み込むことで、当時の人々の生の声や歴史の実像を捉えることができる一冊です。

著者紹介

松本 一夫 (マツモト カズオ)  
1959年生まれ。1982年慶應義塾大学文学部を卒業後、栃木県の高校教員となり、20年間日本史、世界史等を担当する。専門は日本中世史。2001年博士(史学)。國學院大學栃木短期大学、宇都宮大学等で非常勤講師を務めた。その後、栃木県立文書館等を経て現在は栃木県立上三川高等学校長。南北朝期の軍事関係史を研究する一方で、日本史教育の実践的研究にも取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)