• 本

琴電殺人事件

出版社名 新潮社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-10-334432-2
4-10-334432-6
税込価格 896円
頁数・縦 169P 18cm

商品内容

要旨

香川県琴平町に現存する日本最古の芝居小屋、金丸座。年に一度の「こんぴら歌舞伎」に出演する人気役者に、執拗な脅迫が。その予告通り、遂に琴電琴平線の車中で起きた毒殺事件。東京の会社社長殺しとの関連は?因習と確執が渦巻く歌舞伎界の謎に、十津川警部が挑む!

おすすめコメント

琴平に行けば人が死ぬ――予告通り、事件は「琴電」で起きた。歌舞伎界を揺るがす連続殺人の真相は? 香川県琴平町に現存する日本最古の芝居小屋、金丸座。年に一度の「こんぴら歌舞伎」に出演する人気役者に執拗な脅迫が。歌舞伎界の確執か、女性関係か。遂に琴電琴平線の車中で起きた毒殺事件。東京の会社社長殺しとの関連は? 因習と嫉妬が渦巻く歌舞伎界の謎に、十津川警部が挑む。長編トラベルミステリー最新作。

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京に生れる。’63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、’81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2005年に日本ミステリー文学大賞、’10年、長谷川伸賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)