• 本

「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク びっくり!すごい!美しい!

じっぴコンパクト新書 303

出版社名 実業之日本社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-408-11206-0
4-408-11206-2
税込価格 864円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

地形を克服し、物流・移動を確保して国土の骨格を造り上げる橋とトンネル。海を渡る橋から街中の小さな橋、流動に「風穴を開けた」長大トンネルから歩行用の小さなトンネル、無数にあるそれらは一見、無骨で味気なく見えるけれど、視線を向けてみれば個性がそこここに散りばめられ、そこに造られた必然性や個々の事情も見えてくる。橋やトンネルの発展の歴史も、世界や日本の産業史とも強く関わっていて、とてもドラマチックなのだ。この1冊で、橋とトンネルの見え方が変わります!

目次

1 知ってるようで知らなかった「橋」の世界(橋は人類とともに誕生し、世界に広がっていった
「橋」という言葉の由来は「端・柱・梯」と共通だった ほか)
2 知れば知るほどアメージング!奥深い「橋」の魅力(「鉄の魔術師」エッフェルが空に向けて架けた大きな橋
「もったいない」の精神で100年を超える鉄橋を再利用 ほか)
3 見えない部分がすごい!「トンネル」の世界(世界と日本のトンネル史をひもとく
トンネル、切通し、ねじりまんぽ、そして隧道…。その語源を探る ほか)
4 知ればもっと、なかにいたくなる「トンネル」の魅力(交通や物流面で大きな変化をもたらしたトンネル
日本と世界のトンネルの長さ・短さ・深さランキング ほか)

著者紹介

三浦 基弘 (ミウラ モトヒロ)  
1943年北海道旭川市生まれ。産業教育研究連盟副委員長、大東文化大学元講師、「技術教室」(農山漁村文化協会)元編集長。東北大学、東京都立大学で土木工学を学ぶ。専門は構造力学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)