• 本

イタリア・ファシズムを生きた思想家たち クローチェと批判的継承者

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-00-061181-7
4-00-061181-X
税込価格 4,104円
頁数・縦 250,10P 22cm

商品内容

要旨

20世紀に出現した怪物、ファシズム。発祥の地イタリアで、思想家クローチェと、その批判的継承者であるヴォルペ、グラムシ、デ・マルティーノらは、怪物の正体の解明と克服に挑む。近代の必然的帰結か、頽廃か。歴史を動かすのは誰か、「自由」の理念はいかに守られるのか。彼らの思想的格闘の軌跡を追う。

目次

序章 ファシズム下の思想家たち
第1章 ファシズム・イデオロギーの成立(一九二八‐三一年)
第2章 ヴォルペ―中間層の歴史(一九二八‐四九年)
第3章 晩年のクローチェ(一)―「詩」と「文学」(一九三三‐四一年)
第4章 獄中期グラムシ(一)―従属階級の歴史へ(一九二九‐三二年)
第5章 獄中期グラムシ(二)―従属階級の歴史へ(一九三二‐三五年)
第6章 晩年のクローチェ(二)―「生命性」と「文明」(一九四一‐五二年)
第7章 晩年のデ・マルティーノ―民俗学的歴史へ(一九四九‐六五年)
終章 近代社会における自由と信仰―ファシズムをめぐって

おすすめコメント

クローチェとその批判的継承者たちが見たファシズムの本質とは何だったのか。思想的格闘を追う。

著者紹介

倉科 岳志 (クラシナ タケシ)  
1975年生まれ。イタリア政府奨学生、イタリア歴史学研究所奨学生としてナポリに留学。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、博士(法学)。現在、京都産業大学文化学部准教授。専門は近現代イタリア思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)