• 本

検察側の罪人 上

文春文庫 し60−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-16-790784-6
4-16-790784-4
税込価格 702円
頁数・縦 362P 16cm
シリーズ名 検察側の罪人

商品内容

要旨

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!

おすすめコメント

老夫婦殺人事件の容疑者の中に、時効事件の重要参考人が。執念を燃やす検事・最上だが、後輩の沖野は強引な捜査方針に疑問を抱く。

著者紹介

雫井 脩介 (シズクイ シュウスケ)  
1968年、愛知県生まれ。専修大学文学部卒。2000年に第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『栄光一途』でデビュー。2005年には『犯人に告ぐ』で第7回大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)