• 本

楽に生きるのも、楽じゃない

文春文庫 し61−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-16-790802-7
4-16-790802-6
税込価格 799円
頁数・縦 301P 16cm

商品内容

要旨

怒ったり、悲しんだりしているなんて時間がもったいない。いかに楽しく機嫌良く生きていきましょうか―。ひとりで雪見鍋。盟友・志の輔、たい平と東へ西へ。「笑点」司会でお馴染みの人気落語家がつづる、呑気で、たまにしみじみの日常。ドラマ「下町ロケット」で共演した立川談春との特別対談も収録して、幻の名著、ここに復刊!

目次

ママさんコーラス入門
雪見鍋
原稿が進まないので、こんな歌をつくってみました。
夢をかなえるのはむずかしい
おじさんのこと
またまた歌をつくってみた。
仕事の話
カレーパンのこと
弟子希望者列伝
サンドバッグをもらう〔ほか〕

おすすめコメント

どうせいつか死んでしまうのだから、好きなことだけしてふわふわと生きていたい。「笑点」司会を務める人気落語家の呑気な日常。

著者紹介

春風亭 昇太 (シュンプウテイ ショウタ)  
1959年、静岡県清水市生まれ。東海大学時代は落語研究部に所属。82年、春風亭柳昇に入門し、昇八。86年、二ツ目となって昇太に改める。92年5月に真打昇進。新作、古典の双方を演じ、2001年には文化庁芸術祭大賞を受賞。06年より「笑点」大喜利メンバーに加わり、16年からは司会を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)