• 本

13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-02-251453-0
4-02-251453-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 258P 19cm

商品内容

要旨

私がなくしてしまったのは、自分自身だった。空が美しいと思えたり、季節の移り変わりを感じたり、好きな人に胸をときめかせる時間の代わりに私が得たのは、何を見ても無感覚で空っぽな感情、男性というだけで恐怖心がわき上がってくる心、自分が生きているかも死んでいるのかもわからない凍りついた感覚だった。アルコール依存、強迫症状、制御できない性行動…“あの日”から今日まで、私に起きたことのすべて。

目次

第1章 性暴力、が始まった
第2章 刻印
第3章 アルコールに溺れる
第4章 セックスが怖い、けど止められない
第5章 母と私の葛藤
第6章 加害者の心
第7章 「私」を取り戻す
エピローグ あなたがやらない限り

おすすめコメント

13歳から7年間、実の父親から性暴力を受けていた女性に、どのような影響を残すのか。約30年にわたる葛藤と再生の記録。

著者紹介

山本 潤 (ヤマモト ジュン)  
1974年生まれ、看護師・保健師。13歳から20歳の7年間、父親から性暴力を受けたサバイバー。性暴力被害者支援看護師(SANE)として、その養成にも携わる。性暴力被害者の支援者に向けた研修や、一般市民を対象とした講演活動も多数行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)