• 本

キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド

双葉文庫 ひ−13−03

出版社名 双葉社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-575-51967-9
4-575-51967-7
税込価格 680円
頁数・縦 318P 15cm

商品内容

要旨

キッド・ラビットが昏睡から目覚めると辺りには人っ子ひとり―というか、兎っ子一匹いなかった。そう、ぼくたちは人間じゃない。兎だ。人間たちはまだ気づいていないけど、兎社会を脅かす大事件が勃発した。死者が甦り生者を襲ってむしゃむしゃ喰っているんだ。いまや森は屍兎どもの天下で、この兎史上最悪の事件を終わらせるには、死の山に棲む人喰い熊を狩らなければいけないという魔女ラビットのお告げなんだが…いったいなんてこった!『ジョニー・ザ・ラビット』から2年3カ月後の世界を描く、スラップスティック兎ゾンビ小説。

著者紹介

東山 彰良 (ヒガシヤマ アキラ)  
1968年生まれ。第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞し、2003年『逃亡作法TURD ON THE RUN』でデビュー。09年『路傍』で第11回大藪春彦賞、15年『流』で第153回直木三十五賞、16年『罪の終わり』で第11回中央公論文芸賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)