• 本

終りなき夜に生れつく

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-16-390609-6
4-16-390609-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 306P 20cm

商品内容

要旨

強力な特殊能力を持って生まれ、少年期を共に過ごした三人の“在色者”。彼らは別々の道を歩み、やがて途鎖の山中で再会する。ひとりは傭兵、ひとりは入国管理官、そしてもう一人は稀代の犯罪者となって。『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの過去が今、明らかになる。

出版社・メーカーコメント

僕たちは、同じ種族だ。永遠に終わらない夜を生きていく種族。のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、犯罪者たちの王として君臨する男、神山。市民に紛れて生きていた彼を追う雑誌記者が見たものとは――。強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、いかにして残虐な殺人者となったのか。『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの過去が今、明らかになる。

著者紹介

恩田 陸 (オンダ リク)  
1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年に『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。06年に『ユージニア』で日本推理作家協会賞、07年に『中庭の出来事』で山本周五郎賞、17年に『蜜蜂と遠雷』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)