• 本

愛国論

ワニ文庫 P−293

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-584-39393-2
4-584-39393-1
税込価格 691円
頁数・縦 278P 15cm

商品内容

要旨

『永遠の0』の宮部久蔵、『海賊とよばれた男』の国岡鐵造に込められた国を想う気持ちとは!?大東亜戦争から戦後の自虐史観、そして嫌韓嫌中問題まで。日本を取り巻く環境が激変していく中、日本人の国への想いがどのように変化してきたのか。いまこそ問いたい「日本人はいかに日本を愛するべきか」。過激な言動で誤解されがちなベストセラー作家・百田尚樹の本心に、ジャーナリスト・田原総一朗が正面から切り込んでいく。

目次

序章 『永遠の0』をめぐって
第1章 大東亜戦争とはなんだったのか
第2章 なぜ自虐史観が蔓延してしまったのか
第3章 韓国とどう付き合えばよいか
第4章 中国とどう対峙するべきか
第5章 朝日新聞は「反日」なのか
終章 国を愛するとは

おすすめコメント

国を愛するというのはどういうことなのか。大東亜戦争から戦後の自虐史観、現在の嫌中嫌韓問題まで、日本人の国の思いがどう変遷し、今後どうなっていくのか。ベストセラー作家百田尚樹とジャーナリスト田原総一朗が正面から大胆に論じていく。

著者紹介

田原 総一朗 (タハラ ソウイチロウ)  
1934年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てフリーに
百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年大阪府生まれ。同志社大学中退。『探偵ナイトスクープ』など人気番組の構成作家として活躍。2006年、『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。2013年『海賊とよばれた男』(講談社)で、第10回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)