• 本

茜の茶碗 裏用心棒譚

出版社名 徳間書店
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-19-864361-4
4-19-864361-X
税込価格 1,836円
頁数・縦 341P 20cm

商品内容

要旨

将軍家より下賜された茜の茶碗が盗まれた。事が露見すればお家取り潰しは必至。不測の事態に焦った相馬中村藩主は、一番の剣の遣い手、小宮山一之臣に茶碗捜索を命じる。浪人になりすまし、凄腕の見張り役として盗賊の信頼を獲得する小宮山。任務を遂行すべく幾度も盗みに立ち合うが、目当てのものは見つからない。捜索開始から二年。さらなる難題が小宮山に突きつけられる―。権力の横暴に打ち勝つことはできるのか!?痛快無比な大逆転劇。

おすすめコメント

当て身一発で追っ手を黙らす。浪人の小宮山は凄腕の見張り役だ。盗賊からの信頼も篤く、仕事は引きもきらない。しかし彼には、裏の顔があった――。相馬中村藩に下賜された茜の茶碗が盗まれた。事が露見すればお家取り潰しは必至。不測の事態に焦った藩主は、一番の剣の遣い手に茶碗捜索を命じる。それが小宮山だったのだ。浪人になりすまし幾度も盗みに立ち合うが、目当てのものは見つからない。捜索開始から二年。更なる難題が小宮山に降りかかる…。

著者紹介

上田 秀人 (ウエダ ヒデト)  
1959年大阪府生まれ。97年に「身代わり吉右衛門」で桃園書房主催第20回小説クラブ新人賞佳作、2010年に単行本『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)