• 本

春画で学ぶ江戸かな入門

出版社名 幻冬舎
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-344-03086-2
4-344-03086-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 191P 21cm

商品内容

要旨

書入れがわかれば春画鑑賞の楽しみ倍増!北斎、歌麿、國芳らの人気作でくずし字を読む楽しさが味わえる。読みたい気持ちがわいてくる、くずし字学習決定版。

目次

入門編 春画が読める八文字呪文(そもそも春画とはなんぞや
基本の八文字呪文「裸にわ毛擦れ」 ほか)
初級編 つづけ字を読んでみよう(勝川春潮『好色図会十二候』を読んでみよう
鳥居清長『色道十二番』を読んでみよう)
箸休め 『十六夢左支』を読んでみよう(「さし」尽くしの十六むさし)
中級編 あの名作春画を読んでみよう(喜多川歌麿『願ひの糸ぐち』(第五図
第七図)
葛飾北斎『喜能会之故真通』(第一冊第一図
第三冊第三図) ほか)
上級編 物語を読んでみよう(歌川豊國『絵本開中鏡』)

出版社・メーカーコメント

これはわかりやすい! 北斎、歌麿、國芳らの人気作で、 くずし字を読む楽しさが味わえる 読みたい気持ちがわいてくる、くずし字学習決定版 東京都文京区「永青文庫」での春画展が入場者数20万人を突破するなど、 春画は一大ブームとなっている。 しかし春画に触れると多くの人は気になることがある。 「一体何が書いてあるのだろう」――。 本書では江戸の名作春画を教材にして、江戸時代のかな文字やくずし字を学んでゆく。 実は春画は初心者の学習にぴったりなのだ。 文章の内容が想像しやすいし、ほとんどがかな文字なうえ、繰り返し記号やオノマトペが多いので読みやすい。 さらに本書では、これさえ覚えれば古文書が8割読める便利な「八文字呪文」を伝授。 春画を入り口にして、江戸の書物を自分で読み解く楽しさが味わえる!

著者紹介

車 浮代 (クルマ ウキヨ)  
時代小説家。浮世絵研究家。大阪芸術大学デザイン学科卒業。セイコーエプソン(株)のグラフィックデザイナーを経て、映画監督・新藤兼人氏に師事し、シナリオを学ぶ。現在は作家のいつか氏に師事。浮世絵展の監修、江戸文化に関する講演、企業のアドバイザーなど幅広く手がける。国際浮世絵学会会員
吉田 豊 (ヨシダ ユタカ)  
古文書研究家。1933年福島県生まれ。55年國學院大學卒業。陸上自衛隊、東京海上火災保険(株)勤務。この間江戸文芸の研究を趣味とし、林美一氏に師事。早稲田大学エクステンションセンター、文京学院大学生涯学習センターなどで講師を務める。生涯学習1級インストラクター(古文書)。2003年瑞宝小綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)