• 本

大避難何が生死を分けるのか スーパー台風から南海トラフ地震まで

NHK出版新書 512

出版社名 NHK出版
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-14-088512-3
4-14-088512-2
税込価格 842円
頁数・縦 243P 18cm

商品内容

要旨

近い将来、日本の都市を襲うおそれのある、巨大な台風・地震・津波―。数十万〜百万単位の人間が一挙に「大避難」せざるをえない状況下で、一体どのような行動を取るべきか?これまで数多くの大型災害番組を手掛けてきたNHKのチームが、徹底取材と、緻密なシミュレーションに基づき、巨大災害から「命をつなぐシナリオ」を提示する。NHKスペシャル『巨大災害MEGA DISASTER』待望の書籍化。

目次

序章 「大避難の時代」が始まった(「大避難」とは何か/巨大化する災害
現代都市に突き付けられた難題)
第1章 水害、巨大都市を襲う最悪シナリオ(変わりつつある気象災害
未経験の避難、水害の「3・11」とは
日本に迫るスーパー台風、衝撃のシナリオ
解決への模索)
第2章 南海トラフ地震、津波避難への挑戦(突然の巨大地震に備える
あきらめの地から生まれたアイデア
シミュレーションから現実へ)
第3章 動き出した国・自治体・市民(進み始めた「広域避難」の検討
「オーダーメイド避難」と新たな課題
「大避難の時代」に向けて)

おすすめコメント

都市を襲う最悪のシナリオから生き残れるか!? 近い将来、日本の都市を襲いうる巨大な台風・地震・津波―。大型災害番組を手掛けてきたチームが、最新の科学に基づいた「命をつなぐシナリオ」を提示する。

著者紹介

島川 英介 (シマカワ エイスケ)  
1978年生まれ。NHK社会部記者。京都大学大学院法学研究科修了後、NHKに入局。災害担当として、緊急報道や減災報道に携わる。現在は国土交通省を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)