• 本

心地よさのありか

出版社名 パイインターナショナル
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7562-4892-3
4-7562-4892-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 159P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

わたしの暮らしは、もっと心地よくなれる。暮らし、仕事、家事、おしゃれ。迷いの日々もおもしろがりながら、自分とまわりをゆっくり見つめ直した、ちいさなエッセイ33篇。

目次

第1章 わたしの暮らしに向き合えば(郊外暮らしは忙しい
「やめる」心地よさ ほか)
第2章 キッチン・ストーリー(きれいなキッチンの可能性
外食と内食 ほか)
第3章 おしゃれの深み(ゆっくり好きになっていくもの
四十代のクロゼット ほか)
第4章 働きかたを探りたい(高い名刺
片づかない机 ほか)

おすすめコメント

暮らし、仕事、家事、おしゃれ。わたしらしい暮らし、もっとおもしろがってみよう!迷いの日々も楽しみながら、自分とまわりをゆっくり見つめ直したちいさなエッセイ集。気持ちや視点の持ち方、暮らしとの向き合い方など、日々を営むうえで普遍的なものをすくいあげ、読み手の心にしみ込む33篇を収録。読み物に添えられたのびやかなイラスト、撮り下ろした穏やかな光あふれる写真ページとともに、読んだあとに心と身体に余韻を残します。「この本をめくる時間そのものが心地よさにつながってくれたら」という思いでつくられた1冊です。

著者紹介

小川 奈緒 (オガワ ナオ)  
1972年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。出版社のファッション誌編集部を経て、2001年よりフリー編集者として多くの雑誌やカタログ、書籍の編集を手がける。2010年、自ら書き下ろしたエッセイと、小池高弘のイラストを編んだ夫婦作品集『Table Talk』を自費出版。同名のウェブサイトを2012年に立ち上げる。近年は文筆家としての著作活動に力を注いでいる
小池 高弘 (コイケ タカヒロ)  
1970年、愛知県生まれ。日本大学文理学部英文学科卒業。二十代から三十代にかけては出版社や広告制作会社の社員、カフェの調理人など、興味のあった仕事を約三年周期で経験。その後、絵と文章の両方を仕事にできる絵本作家をめざしてワークショップに通っていた三十代前半、編集者の友人に誘われ、フリーライターとなる。雑誌の仕事を通じて出会った小川奈緒と結婚後、個展や作品集、ウェブサイトでイラストを発表すると、その独特のあたたかさをもった線画が人気に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)