• 本

したたかな魚たち

角川新書 K−127

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-04-082054-5
4-04-082054-1
税込価格 864円
頁数・縦 251P 18cm

商品内容

要旨

60度傾いて泳ぐ、♂→♀、♀→♂と自在に性転換、目が頭の上を移動、子育ては口の中で…これ、すべて本当にいる魚の話。行動の理由はただ一つ、生き残って子孫を残すため!大人になれるのは1%未満なのです。必死でけなげ、でもどこかユーモラスな魚たちの生き残り作戦を紹介します。

目次

第1章 想像をはるかに超える魚たちの多様性
第2章 魚は陸から離れられない
第3章 そのけなげさが愛しい魚の暮らし
第4章 どこかおかしな生き残り戦術
第5章 魚の恋と子育て
第6章 旅する魚たち
終章 人間と魚の深い関係

おすすめコメント

60度傾いて泳ぐ、目が頭の上を移動、子育ては口の中で……これ、すべて本当にいる魚の話。行動の理由はただ一つ、生き残って子孫を残すため! 必死でけなげ、でもどこかユーモラスな生き残り作戦を紹介します。

著者紹介

松浦 啓一 (マツウラ ケイイチ)  
1948年東京生まれ。水産学博士。国立科学博物館名誉研究員。東京水産大学水産学部増殖学科卒、北海道大学大学院水産学研究科博士課程修了。79年国立科学博物館動物研究部研究官となり、室長、動物研究部長などを務める。2013年定年退職。在職中、東京大学大学院理学系研究科助教授、同教授を兼任した。また日本魚類学会会長、日本分類学会連合代表、地球規模生物多様性情報機構(GBIF)副議長などを歴任し、海の生物の生態を追いかけるとともに、海の環境についても言及してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)