• 本

家族はつらいよ 2

講談社文庫 し80−5

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-293568-5
4-06-293568-6
税込価格 626円
頁数・縦 218P 15cm

商品内容

要旨

熟年離婚の危機を乗り越えた平田周造は、運転好きの頑固な高齢者。しかし自損事故をきっかけに、家族に「免許返納」を求められ憤慨する。そんな折、彼は高校時代の同級生と再会し、互いの境遇の違いを実感させられるのだった。「男はつらいよ」の山田洋次監督が描く新作喜劇映画シリーズ、小説化第2弾!

おすすめコメント

熟年離婚の危機を乗り越えた平田周造は、運転好きの頑固な高齢者。しかし自損事故をきっかけに、家族に「免許返納」を求められ憤慨する。そんな折、彼は高校時代の同級生と再会し、互いの境遇の違いを実感させられるのだった。「男はつらいよ」の山田洋次監督が描く新作喜劇映画シリーズ、小説化第2弾!

著者紹介

小路 幸也 (ショウジ ユキヤ)  
1961年北海道生まれ。広告制作会社勤務などを経て、2003年『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第29回メフィスト賞を受賞しデビュー
山田 洋次 (ヤマダ ヨウジ)  
1931年大阪府生まれ。’54年、東京大学法学部卒業。’69年『男はつらいよ』シリーズ開始。『たそがれ清兵衛』(2002年)では第76回米国アカデミー賞外国語映画部門ノミネートを果たす。’12年文化勲章を受章
平松 恵美子 (ヒラマツ エミコ)  
1967年岡山県生まれ。’93年、『学校』(山田洋次監督)に参加、以後、助監督として山田組に参加する一方、共同脚本も担当するようになる。『東京家族』、『小さいおうち』、『母と暮せば』、『家族はつらいよ』で、4年連続して日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)