• 本

ともにがんばりましょう

講談社文庫 し104−3

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-293603-3
4-06-293603-8
税込価格 799円
頁数・縦 395P 15cm

商品内容

要旨

地方新聞社、入社六年目の武井涼。極度のあがり症で一切の交渉事に向かないが、委員長に口説かれ労働組合の執行委員を務めることに。折しも会社からの深夜労働手当引き下げ案が大きな波紋を呼んでいた。組合対経営陣。緊迫の団体交渉を克明に綴り、働くことへの熱い思いを描き出す傑作エンターテインメント!

おすすめコメント

グリコ森永事件の闇を描いた『罪の声』で大ブレイクの塩田武士が、新聞社を退職して書いた渾身の長編。舞台は新聞社の労働組合。「組合」ってなに?状態の主人公・武井涼は執行委員を押しつけられ、上方新聞労働組合の「七人の侍」と出会った――。仕事とは何か? 誰のため、何のためにはたらくのか? すべてのはたらく人たちへ、勇気を届ける傑作長編!

著者紹介

塩田 武士 (シオタ タケシ)  
作家。1979年兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、神戸新聞社に勤務。2010年、『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞、2011年、将棋ペンクラブ大賞を受賞。2012年、神戸新聞社を退社。2016年『罪の声』で第7回山田風太郎賞を受賞、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位に選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)