• 本

プロテスタンティズム 宗教改革から現代政治まで

中公新書 2423

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-12-102423-7
4-12-102423-0
税込価格 864円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

1517年に神聖ローマ帝国での修道士マルティン・ルターによる討論の呼びかけは、キリスト教の権威を大きく揺るがした。その後、聖書の解釈を最重要視する思想潮流はプロテスタンティズムと呼ばれ、ナショナリズム、保守主義、リベラリズムなど多面的な顔を持つにいたった。世界に広まる中で、政治や文化にも強い影響を及ぼしているプロテスタンティズムについて歴史的背景とともに解説し、その内実を明らかにする。

目次

第1章 中世キリスト教世界と改革前夜
第2章 ハンマーの音は聞こえたのか
第3章 神聖ローマ帝国のリフォーム
第4章 宗教改革の終わり?
第5章 改革の改革へ
第6章 保守主義としてのプロテスタンティズム
第7章 リベラリズムとしてのプロテスタンティズム
終章 未完のプロジェクトとして

おすすめコメント

1517年のルターの宗教改革は何の始まりだったのか? ヨーロッパ、アメリカを席捲し、多種多様に分岐していった潮流を描き出す。

著者紹介

深井 智朗 (フカイ トモアキ)  
1964年生まれ。アウクスブルク大学哲学・社会学部博士課程修了。Dr.Phil.(アウクスブルク大学)、博士(文学)京都大学。聖学院大学教授、金城学院大学教授を経て、東洋英和女学院大学人間科学部教授。著書、『超越と認識』(創文社、2004年、中村元賞受賞)、『十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム』(教文館、2009年、日本ドイツ学会奨励賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)