• 本

本物の思考力

小学館新書 279

出版社名 小学館
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-09-825279-4
4-09-825279-1
税込価格 864円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

「日本は大学進学率が高い」「侘び・寂びが日本の伝統文化だ」「日本では夫婦同姓が当たり前」―。常識のように語られていることも、「数字・ファクト・ロジック」で考えれば、思い込みや固定感念によるものだということがわかる。ゴシップや流言飛語に惑わされず、物事を正しく判断するにはどうすればいいのか。「人・本・旅」から情報を収集する、物事をゼロから捉え直すなど、著者が実践する「腹に落ちるまで考え抜く」方法を徹底的に解説する。

目次

第1章 根拠なき「常識」が蔓延する日本(「日本の伝統」という言葉を疑ってみよう
本当は派手好きだった日本人 ほか)
第2章 日本の教育を再考する(大学進学率は先進国最低クラス
大学院はさらに深刻 ほか)
第3章 腹に落ちるまで考え抜く(「腹に落ちる」とは何か
「思考力」の磨き方 ほか)
第4章 怠け癖には「仕組み化」(人間はみんなアホであり、チョボチョボである
“チョボチョボ”とは何か ほか)
第5章 構想する力(おもしろい。だからやる
あらゆる物事は“一期一会” ほか)

出版社・メーカーコメント

「数字・ファクト・ロジック」で考えよう 「日本は大学進学率が高い」「侘び寂びが日本の伝統文化だ」「日本では夫婦同姓が当たり前」――。こうした言説は、新聞やテレビでもなかば“常識”のように語られています。しかし、著者であるライフネット生命会長の出口治明さんは、「『数字、ファクト、ロジック』に基づいて考えれば、そのような“常識”は思い込みや固定観念によるものだ」といいます。たとえばOECDの調査によると、日本の大学進学率は先進国のなかでは低いほうなのです。ネットなどで聞きかじっただけの情報をもとにしていては、適切な判断などできるわけがありません。日本社会に蔓延するゴシップや流言飛語に惑わされず、物事を正しく判断するには、リテラシー(本質を見極める力)を鍛えて正しい情報と間違った情報を見分け、「人・本・旅」から有用な情報を収集し、先入観にとらわれず物事をゼロから捉え直していくことが重要です。このような、出口さんが実践している「腹に落ちるまで考え抜く」方法を徹底的に解説します。

著者紹介

出口 治明 (デグチ ハルアキ)  
ライフネット生命会長。1948年、三重県生まれ。京都大学を卒業後、日本生命に入社。企画部などで経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長などを務めたあと同社を退職。2008年にライフネット生命保険株式会社を開業した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)