• 本

十代に共感する奴はみんな嘘つき

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-16-390623-2
4-16-390623-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 124P 19cm

商品内容

要旨

感情はサブカル。現象はエンタメ。つまり、愛はサブカルで、セックスはエンタメ。私は生きているけれど、女子高生であることのほうが意味があって、自殺したどっかの同い年がニュースで流れて、ちょっと羨ましい…。

おすすめコメント

主人公のカズハは17歳。いじめや自殺のあふれる日常で、恋をしてセックスして喧嘩をしてごはんを食べる。みずみずしい文体の小説!

著者紹介

最果 タヒ (サイハテ タヒ)  
1986年、神戸市生まれ。詩人、小説家。2006年、現代詩手帖賞を受賞。2007年、詩集『グッドモーニング』刊行。同作で中原中也賞を受賞。2014年、第三詩集『死んでしまう系のぼくらに』刊行。同作で現代詩花椿賞を受賞。2016年に詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(リトルモア)を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)