• 本

決戦!忠臣蔵

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-220499-6
4-06-220499-1
税込価格 1,674円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

元禄十五年十二月十四日(一七〇三年一月三十日)。粉雪舞う夜更け、四十七人の浪人が、一人の老人の首を落とし、勝鬨を上げた。死を賭して立てる、武士の一分―。三百有余年、日本人が愛し続けた物語。決死の義挙に涙せよ。「決戦!」が新たな忠臣蔵に挑む!

おすすめコメント

夢枕獏が、山本一力が、諸田玲子が……「忠臣蔵」を描く! いままで戦国時代を舞台にすることが多かった「決戦!」シリーズだが、今回の舞台は江戸は元禄、テーマは「忠臣蔵」。当代きっての名手・七人が、日本人が愛し続ける物語に挑む。義挙を前にした人々の悲哀、本懐を遂げた男たちの晴れ晴れとした思い。そして、主君を守れなかった吉良方の無念……。今までにはない、”涙”の「決戦!」シリーズの誕生。

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年福岡県生まれ。2005年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞しデビュー。2007年『銀漢の賦』で松本清張賞、2012年『蜩ノ記』で直木賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で司馬遼太郎賞を受賞
朝井 まかて (アサイ マカテ)  
1959年大阪府生まれ。2008年『実さえ花さえ』(文庫改題『花競べ』)で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞しデビュー。2014年『恋歌』で直木賞、『阿蘭陀西鶴』で織田作之助賞、2016年『眩』で中山義秀賞を受賞
夢枕 獏 (ユメマクラ バク)  
1951年神奈川県生まれ。1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞、『大江戸釣客伝』で2011年泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、2012年吉川英治文学賞をトリプル受賞
長浦 京 (ナガウラ キョウ)  
1967年埼玉県生まれ。2011年『赤刃』で、小説現代長編新人賞を受賞。2017年『リボルバー・リリー』で大藪春彦賞を受賞
梶 よう子 (カジ ヨウコ)  
東京都生まれ。2005年「い草の花」で九州さが大衆文学賞大賞を受賞。2008年「一朝の夢」で松本清張賞を受賞し、同作で単行本デビュー。2016年『ヨイ豊』で直木賞候補、歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞
諸田 玲子 (モロタ レイコ)  
1954年静岡県生まれ。2003年『其の一日』で吉川英治文学新人賞、2007年『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、2012年『四十八人目の忠臣蔵』で歴史時代作家クラブ作品賞を受賞
山本 一力 (ヤマモト イチリキ)  
1948年高知県生まれ。2002年『あかね空』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)